海外渡航者新型コロナウィルス検査センター

文字サイズ変更
 English Site  経済産業省TeCOTページ

よくある質問

検索

カテゴリー
テーマ
キーワード

渡航者 旅行業者等 PCR検査費用について、なぜ海外渡航用の場合は3万円前後となるのですか?

ビジネス渡航目的の検査は保険適用外の自費診療となります。また、PCR検査費用は診療報酬上は1,800点(18,000円)となります(証明書発行費用、初診料、判断料等は含みません)。そのうえで、医療機関ごとに各種検査費用を設定しているため、検査費用についてご不明点等ある場合は、受検予定の医療機関までお問い合せください。

ビジネス渡航目的の検査が保険適用外の自費診療となる旨の根拠は、下記を参照しております。

■厚生労働省資料
新型コロナウイルス感染症に係るPCR検査の保険適用に伴う対応について(PDF)

■厚生労働省HP
社会経済活動の中で本人等の希望により全額自己負担で実施する検査(いわゆる自費検査)について

渡航者 旅行業者等 選択した渡航先国ではデジタル証明機能を利用できないと表示された場合、デジタル証明書発行無しの検査はどのように予約すればよいですか?

TeCOTにログイン後、画面上部の「新規予約登録」タブをクリックし、「渡航先に対応する検査手法」欄より下へスクロールしていただき、「医療機関検索」欄の「デジタル証明書発行可否」項目にて「どちらでもよい」を指定したうえで、医療機関検索をしてください。
「デジタル証明書発行対応可否」が「〇」の医療機関においても、デジタル証明書発行無しの条件で検査予約が可能です。
その場合は、新規予約登録時に、「渡航者情報」の下に表示されるデジタル証明書発行に必須の2項目に✔をつけずご予約ください。

TeCOTでのご予約方法に関する詳細は、下記TeCOT利用マニュアルをご参照ください。

■ビジネス渡航者等向け利用マニュアル(PDF)

■一般渡航者等向け利用マニュアル(PDF)

■旅行業者等向け利用マニュアル(PDF)

渡航者 旅行業者等 医療機関検索結果に何も表示されない場合は、どうすればよいですか?

医療機関検索結果として該当する候補が1件もない場合、「指定した検索条件に合致する医療機関がありません。検索条件を変更して再度検索してください。」というメッセージが表示されます。
この場合、下記のいずれかのケースが考えられるため、検索条件を変更のうえ、改めて検索してください。

・検索地域の範囲が狭い
・ご希望の条件で受検可能な検査予約枠が空いていない
・ご希望の受検日まで期間があるため予約枠が設定されていない
・設定いただいた検査手法が渡航先国にて「-(検査要件に適合しない)」に設定されている

医療機関 デジタル証明書の様式内に設けられている記入要件で足りない場合、どうすればよいですか?

渡航先国要件のうち証明書に記載が不足している事項は、「備考」へ入力してください。
各国の渡航要件は日々変化しておりますので、TeCOT上の検査証明書の項目に不足が生じる可能性があります。その場合には渡航者からの依頼に応じて、こちらの備考欄に英語で追記してください。

渡航者 旅行業者等 医療機関 デジタル証明書について、検査証明書以外のその他の書類(健康証明書等)も対応していますか?

いいえ、特定の国・地域に渡航する際に必要となるその他の書類(健康証明書等)については、TeCOT のデジタル証明書発行機能では対応しておりませんので、医療機関において、渡航者等からの相談に応じて適宜作成のうえ、手交してください。

医療機関 デジタル証明書に検査結果を入力したいが、「結果作成」ボタンを押下できません。

デジタル証明書への検査結果入力は、検査の予約時刻の1時間後から入力可能です。検査の予約時刻の1時間後に、再度入力をお試しください。

医療機関 デジタル証明書発行機能の利用に対して、別途登録申請等は必要ですか?

いいえ、デジタル証明書発行機能の利用に対して登録申請等は不要です。TeCOTにログインした後、「基本情報」画面で、「TeCOTでの予約受付方式」で「オンライン予約のみ」または「オンライン・電話予約」を選択したうえで、「デジタル証明書発行対応可否」で「〇」を選択してください。その後、予約枠を設定してください。デジタル証明書の発行は、TeCOT経由でのオンライン予約者のみ対象としています。
詳細は、下記TeCOT利用マニュアルをご参照ください。 

■医療機関向け利用マニュアル(PDF)

医療機関 渡航者からの検査予約について、デジタル証明書発行要否を確認したい場合、どこで確認すればよいですか?

TeCOTにログインした後、「予約一覧・ステータス変更」画面で、「デジタル証明書の発行」を選択し、「〇(検査結果の入力等が必要)」を選択したうえで検索してください。「結果作成」「結果確定」「検査証明書」ボタンが表示されている場合、デジタル証明書発行が必要な検査予約となります。

渡航者 旅行業者等 医療機関 デジタル証明者は、全世界共通で有効ですか?

いいえ。外務省を通じて約30か国・地域(中国・ハワイを除く)について様式の適用可否について随時確認しておりますが、証明書発行時は、渡航先国の最新の記入様式・要件等を満たしているか必ずご確認ください。条件を満たしていない場合、入国できない可能性があります。

医療機関 デジタル証明書に医師の署名や押印が必要な場合、どうすればよいですか?

渡航先の国・地域によっては医師の署名や医療機関の押印が必要な場合があります。その場合は、医療機関においてデジタル証明書をダウンロード・プリントアウトし、署名・押印を行ったうえで、渡航者等に検査証明書を手交してください。